自動改札機にSuicaを叩きつける人に対する一考察 - SayaMayu

自動改札機にSuicaを叩きつける人に対する一考察

自動改札機にSuicaを叩きつける人っていまだに結構見かけますよね。自動改札機が可哀想と思うことさえあります。
Suicaは、非接触式のICカードなのに、”タッチするだけ”と広めた罪は重いと思っています。
非接触式とは、文字通り、接触する必要はなくて、かざすだけで電波を使って交信することが出来るんです。だから鞄や財布に入れたままでもSuicaは使えるんです。
ですから、”タッチ”ではなく、”かざす”と広めるべきであったと個人的には思っています。
“タッチが足りない”と思って”叩きつける”人が多い。"かざし足りない"と思ったら、”叩きつける”のではなく、”より長い時間かざす”という方向になったのではないでしょうか。一番最初に、"タッチ"の流れを作った影響がいまだに残っているということですかね。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-