パズドラレーダーは、同じ位置ゲーとして、ポケモンGOには負けないで欲しい。

2016/07/31

巷では、『Pokémon GO』が流行りまくっていますね。TVで有名タレントが、次々とポケモンGOの話題を取り上げたり、ニュース番組で特集が組まれたり。
というか、街を歩いているだけでも、ブームを感じるほどです。今まで夜歩いていて全然人なんていなかったはずが、何組か普通に歩いていたり。しかもスマホいじりながら。
あとは、大きめの公園には、沢山の人が集まっていたり。本当にお祭りでもやっているのかってほどです。
ここまで大盛況とは思いませんでした。メディアの煽り方が凄いのか、実際に凄いのか、どちらが先か分かりませんが、流行っているのは事実ですね。

私の肌感覚では、パズドラとかモンストの比ではないです。外で見かけるプレイヤーの数がというだけですが。

パズドラレーダー

さて、パズドラレーダーをご存知でしょうか。公式に"パズドレ"という略称があるようなので、以降パズドレを使わせていただきます。

パズドレとは、パズドラのサブゲーム的な位置付けですね。中の人はそうではないと思ってるかもしれませんが、今の段階では完全にサブゲームです。ファイナルファンタジー8で言うところの、ポケステです。ポケステとは、ポケットステーションの略称です。ポケモンステーションではありません。見た目がたまごっちみたいで、プレステ時代の、コントローラー挿す所の脇というか上のメモリーカード挿す所に指して読み込ませるアレです。ご存知無い方も非常に多いことでしょう。ポケステとか、たまごっちブームの流れとFF7大ヒットの流れで満を持してFF8に搭載して来たのでしょうが、物凄く一時的ブームでしたね。まったく流行りませんでした。

改めまして、パズドレとは、GPS機能を使って、現実世界で動き回ることによってドロップを集めたり、パズドラで使えるダンジョンやモンスターをゲットしたり出来る位置ゲーです。位置ゲーというのは、GPS機能を利用したゲームくらいに思ってください。

そうです、コンセプトは、ポケモンGOと似たようなものです。しかもポケモンGOよりもわりと早めにリリースしています。それなのに、嵐の二宮君が結構な頻度でテレビCMでパズドレのご紹介をしているにも関わらず、ポケモンGOと比較したら全く流行っていません。位置ゲーなんて既にいろいろあったわけですが、ポケモンGOが爆発的に流行ったのは、ポケモンの知名度の力も大いにあったことでしょう。パズドレも、パズドラの知名度でもっと爆発的であって欲しかった。残念です。

スポンサーリンク

パズドレは、パズドラのサブゲーすぎる。

ポケモンGOを夢中でやっている人は、駅や街や公園でこれでもかというくらいに見かけるのですが、パズドレを夢中でやっている人を街で見かけることはほとんどありませんそれは何故でしょうか。

ただのサブゲーム状態。

まず、これがなかなかひどい点ですね。パズドレは、本家パズル&ドラゴンズの、サブ的要素しか見当たりません。パズドラで重要な(集めるとしたら手間のかかる)+(プラス)をゲットできたり、ダンジョンがゲットできたり、本家の効率を高める要素は多いのですが、なんというか、それ止まりです。

パズドレでしかゲット出来ないキャラとかモンスターとか、無いに等しいのです。(たぶんこれからもっと出てくると思います。期待しています。)

ですから、わざわざ動き回ってパズドレを頑張る同期が生まれません。

ガチのバズドラー(超絶本気でパズドラに命とお金をかけている方)は、超効率重視です。少しのスタミナも無駄にしないくらいの勢いです。現実のスタミナを消費して外を出歩くよりも、家の中でプラマラ(プラスマラソンの略。プラス卵を周回して集めること)するほうが効率が良いと思われたら、流行るものも流行らないでしょう。

ただのタッチゲーム状態。

これもなかなかひどいですね。GPS機能を利用しているので、移動すると何かしらゲット出来るのですが、移動して位置情報が更新されたら、ポチっとサーチボタンをタッチするだけです。すると、ドロップとか出てくるので、それをタッチするだけです。ポケモンGOで、モンスターボールをスポットで集めているだけの状態です。今現在のところ、それ以上のゲーム要素はありません。クリックゲー以下ですね。

ポケモンGOとマップが違いすぎ。

パズドレも、ポケモンGOも、GPS機能を利用した同じ位置ゲーです。
動きまわることによって、モンスターボールやドロップ、レアキャラやモンスターがゲット出来る仕組みは同様です。
私はどちらもプレイしていますが、初めてポケモンGOをプレイした時は衝撃でした。

「パズドレとは、マップのレベルが違い過ぎる!!」

そうなんです。パズドレのマップは、ただのサークルです。何の変哲も無い円です。動くことによって、そのサークル内にダンジョンが現れたりします。

一方のポケモンGOは、流石ですね。実際の地図です。私が住んでいる街のマップです。見ただけで、あ、ここは家の近くのマグドナルドだね、とか。見慣れた街の区画、道路なので、すぐに分かります。現在地から少し離れたところにポケモンジムやスポットがあったとしても、あそこらへんにジムがあるのかとか、簡単に分かります。

完全にレベルが違いますね。パズドレには是非とももう少し頑張っていただきたいものです。

スポンサーリンク

電車モード搭載しないかな。

やっぱり、ガチのパズドラーは、まだまだ引きこもりがちですよね。場所によって、限定レアキャラとかないとね。

ポケモンGOが、引きこもりゲーマーを外に連れ出したのか、元々外に出歩くタイプの層を取り込んだのか、そのどちらもなのか、分かりませんが、思いっきりブームを起こしたのは間違いないですね。

ポケモンGOは、徒歩モード対応ですね。

なんていうか、あまり電車でプレイするのには向かないですね。やはり、電車くらい速く動きすぎると、上手く対応してもらえないみたいです。

パズドレは、電車モード対応しないかな。

すると、パズドレの勝機(チャンス)は、電車モードかもしれません。パズドラを一気に流行らせたのは、電車内でプレイする層ですからね。これはポケモンGOがまだ取り込めていない層かもしれません。

是非とも、パズドラレーダーは、同じ位置ゲーとして、ポケモンGOには負けないで欲しい。

家の中より、パズドラ&パズドレに愛を込めて。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-スマホゲー