いつかどこかにあったらしい日本語

あったらしいい日本語

【鬱状態(うつじょうたい)】

憂鬱感・不快感・劣等感などを抱き、
意欲や興味がなくなる精神状態。
何事にも悲観的になったり、
自責の念にかられたりする。
気持ちを塞ぎ込んでしまっていて、
心が晴れない。

【躁状態(そうじょうたい)】

気分が高揚して陽気になり、
活発な状態。
爽快感があり、多弁で
話の内容は誇大的になったりする。
活動性は高まるが、
行動に統一性がなく抑制がきかない。

【宗兄弟(そうきょうだい)】

確か双子のマラソン選手。
響きだけで思い浮かんだから
取り上げてみたけど、
よく知らないし、あまり興味もない。

【そう、兄弟(きょうだい)】

そう、オレとおまえは兄弟。
ただ、それだけのこと。

【創造者(そうぞうしゃ)】

それまでなかったものを
初めてつくり出した人。
ある意味、神。

【躁造者(そうぞうしゃ)】

内では、
気持ちを塞ぎ込んだ鬱状態のくせに、
外には、
自分はまるで躁状態であるかのように、
意識的に活動性を高めてみせたりする人。
ある意味、神。
と、一度は思ってみたい今日この頃。

【憂鬱質(ゆううつしつ)】

些細なことでも
誇大に考えて取り越し苦労をし、
人を信用せず
生気に乏しくて陰気な性質。

【優鬱質(ゆううつしつ)】

些細なことでも
誇大に考えて取り越し苦労をし、
人を信用せず
生気に乏しくて陰気な自分は、
どうしようもない奴だとは思うが、
そんなどうしようもない自分は、
逆に優れているのではないか
とも思ってしまえる、
生き生きとして
陽気な面も持ち合わせた性質。
マイナス思考すぎて、活性化している。
冷たすぎて、ヤケドしてしまう。
そんな状態とよく似ている。
つまり、開き直りすぎたバカ。
ある意味、天才。
と、一度は思ってみよう。

【優鬱質な躁造者】

つまりは、オレ。
なんちって。
嘘です。
オレもなんだかんだいって
いつもびびってんです。
でもね、
オレにはまだなんかあんだ。
かめはめ波打ちて。

※最後のフレーズは、RADWIMPSのなんちっての歌詞の一部です。

スポンサーリンク

誰かが言いました。

勇気は出すものでも振り絞るものでもない。
育てるものだ。

誰かが言いました。

人は理由を付けたがる生き物だ。
理由があれば安心する。
だから行動した後からでも理由を作り出す。
理由の理由に理由付けして安心感を得る。

誰かが言いました。

人は後悔せずにはいられない。
選択には後悔が付きまとう。
人生は選択の連鎖。
後悔を避けることは選択を避けること。
つまりは人生を避けること。
後悔し続けるのも人生。

誰かが言いました。

人は感動せずにはいられない。
だって人生は奇跡の連続だもん。
君と出会ったのも奇跡。
君と離れたのは軌跡。

誰かが言いました。

絶対の反対は相対って誰かが言ってたけれど、
絶対の反対は絶対でしょ。
だってあなたが絶対別れるって言うなら、
私は絶対別れないって言うだろうし。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-