映画『君の名は。』の主題歌「なんでもないや」をMステで披露(上白石萌音さんが)

大ヒット映画『君の名は。』。興行収入が現在ではもう145億円を超えているそうです。

あのジブリ映画『崖の上のポニョ』が155億円、そしてあの『アバター』が156億円らしいので、目前ですね。ここまで来るとは思いませんでした。

さて、この映画のヒロイン宮水三葉(みやみずみつは)役を演じている女優・上白石萌音(かみしらいしもね)さんが、10月14日(金)放送の「ミュージックステーション」に初登場しました。しかも歌ったのが、RADWIMPSの「なんでもないや」。

同じく初登場した岡崎体育(おかざきたいいく)さんに負けず劣らずの美声でした。

というか、岡崎体育さんが美声すぎてびっくりしました。素敵ですね。

chouchou/上白石萌音

上白石萌音さんは、10月5日発売のカバーアルバム「chouchou」で、アーティストとしてメジャーデビューしました。

このアルバムに収録されているカバー曲は以下です。

  1. 366日 (映画「赤い糸」主題歌)
  2. Woman "Wの悲劇"より (映画「Wの悲劇」主題歌)
  3. 変わらないもの (劇場版アニメーション「時をかける少女」挿入歌)
  4. On My Own (映画「レ・ミゼラブル」劇中歌)
  5. なんでもないや (movie ver.) (映画「君の名は。」主題歌)
  6. SMILE (映画「Modern Times」挿入歌)

なんと、奥華子さんの「変わらないもの」もカバーしています。私の大好きな曲です。

アニメ映画「時をかける少女」(実写とかでなく、アニメの方です。)は、良いですよね。『君の名は。』は素晴らしすぎますが、「時をかける少女」もかなり良いのでオススメです。

U-NEXT(ユーネクスト)とかHulu(フールー)の無料体験で見れたりしないですかね。

スポンサーリンク

なんでもないや MUSIC STATIONエディション

上白石萌音さんがMステで披露したのは、「なんでもないや MUSIC STATIONエディション」というバージョンでしたね。

後ろで流れる「君の名は。」の映像を見てるだけでも再び泣けました。

やっぱり、映画の最後の「なんでもないや」を聴くところが最高ですよね。様々な余韻に浸るというか。

ちなみにMステで上白石萌音さんの後ろでピアノを弾いていたのは、残念ながら野田洋次郎さんではなかったですね。

Aimer(エメ)さんのMステ初登場「蝶々結び」披露の時は、野田さんがピアノを弾いていたらしいので、少し期待したりしましたが。

スポンサーリンク

RADWIMPSのMステ初登場

RADWIMPSは、映画『君の名は。』の公開日2016年8月26日(金)にミュージックステーションに初登場しました。

その時に披露したのは、前前前世ですね。


RADWIMPSの素晴らしいところは、大体の曲をYouTubeの公式チャンネルでフルでMV公開しているところです。
いろいろな考えがあっての上でのことだと思いますが、YouTubeではフルバージョンではなくショートバージョンで公開して(あくまで宣伝目的)、CDや音源を購入してもらうってスタイルも多いですからね。

先日のRADWIMPSスタッフからのおしらせファン会員サイトをはじめますにも、そんな様々な想いを感じますね。

プロで音楽活動をしている以上、収益化は大切なことだと思うのですが、それ以上に大切にしていることがあって、それが長期的熱烈なファンを生み、結果収益につながる。

そんな形が個人的には素敵だなと思います。

『君の名は。』主題歌

映画『君の名は。』の主題歌は、全部で4曲あります。全てRADWIMPSの楽曲です。

こちらの記事では、歌詞内容を考察しています。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-RADWIMPS
-, ,