docomoから格安SIMにMNPして月額料金が半分以下になった話。

2016/10/15

私は、docomoから格安SIMにMNPして1年以上経ちました。特に不便は感じません。というか、違いを感じません。私レベルのスマホの使い方では、大して差を感じないということなのでしょう。

ドコモ時代は、少なくとも月に6,000円とかは掛かっていたように記憶にしているので、月額料金は単純に半分以下になりました。

簡単に格安SIMに移行してしまうのはリスクが高いと思われる方もいらっしゃることでしょう。

そこで、私が格安SIMにMNPするまでに抱えていた不安と、それが実際に使用してみてどうだったかをまとめてみます。

格安SIMは何故格安なのか?

格安SIMとか格安シムとか格安スマホとかMVNOとかいろいろな呼び方がされたりもしますが、あまり知識のない方は、ドコモやソフトバンクよりも安くスマホが使える会社くらいに思っていただいてそこまで問題ないでしょう。

飛行機に乗る時に、JALやANAよりも格安の航空会社があるのと同じくらいのイメージでもそこまで間違っていません。

何故格安の航空会社は格安だと思いますか?

  1. コストがかかっていない。
  2. 安全に対する信頼度が低い。
  3. 設備に関する満足度が低い。
  4. サービスの質が低い。

などなど考える方がいらっしゃると思います。

格安SIMも似たようなものです。何かしらの理由で、通信料金を安くすることが出来るのです。逆に言えば、docomoやSoftBankやauの通信料金が高いのには、それなりの理由があります。

理由を知り、それに納得がいった上で契約することがベストでしょう。もし自分が必要ないことが高い理由であるならば、格安会社に乗り換えることは、意味ある選択でしょう。

スポンサーリンク

U-mobile(ユーモバイル)にMNP

さて、格安SIMを取り扱っている会社といっても、わりと沢山あります。楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、mineo、DMMモバイル、などなど。

最近では、どこも安いです。料金での差別化はなかなか難しい形になっています。逆に言えば、どこを選んでもそこまで大差はありません。上記の会社辺りなら、なんとなく選んでも、そこまで大損することはないと思います。

その中でも、私はU-mobile(ユーモバイル)を選びました。ご想像の通り、そこまでの理由はありません。決めるまでは、いろいろと差を分析したりして悩みました。ですが、調べれば調べるほど、悩めば悩むほど、そこまで差がないことに気付いていきます。差がないことはないのですが、例えば月額10円違うとか、そういったとても細かいレベルの差になってきてしまいます。

ちなみに、私がユーモバイルに決めた理由は以下です。

  1. U-NEXT(ユーネクスト)になんとなく興味を持っていた。
  2. 橋本環奈さんが可愛かった。
  3. 宇野康秀社長になんとなく惹かれた。

それくらいの理由です。

皆さんは、docomoかSoftBankかauを選ぶ際に、どんな理由で決めましたか?

格安SIM会社を選ぶ理由も、それくらいの理由で良いではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク

格安SIMで心配していたこと。

格安ということは何かしらのデメリットがあるはずです。そこに漠然とした不安はありました。その中でも、私が特に心配していたのは以下です。

通信環境、通信速度、速度制限

24時間いつでも好きな時に通信出来る必要がありました。それは、docomo時代には実現出来ていたからです。そこに不便を感じるようでは問題があります。ただ、ネットの評判では、通信速度が遅いとか、すぐ速度制限が掛かるとか、悪評ばかりでした。調べれば調べるほど、不安は募りました。

ですが、実際にU-mobileを使用して1年以上経ちますが、通信のことを気にしていたのは最初の数ヶ月くらいです。今となっては、まったく気にしていないレベルです。私程度の使い方では、docomo時代との差をまったく認識出来ないほどです。

ちなみに最近では、通信量が月に3GB以内に余裕でおさまる程度しか使用していません。

サービスの質

これもネットの評判から意識しただけですが、docomoレベルのサービスを受けられなくなるというものです。ただ、私はdocomoショップに行ったりすることなんてほとんどありませんでしたし。サポートしてもらうこともほとんどありませんでしたし。そんなことするくらいなら自分で調べてしまうようなタイプでしたし。

そこに別に期待していませんでした。というか必要ありませんでした。逆にそのための費用が月額料金に含まれているなら、私のようなタイプはドコモでないほうが良いのではないかと思ってしまうほどでした。

この意味でも、ユーモバイルに変えて正解だったと思います。

ユーモバイルにして良かったこと。

私はユーモバイル以外の格安SIMは経験していません。ですので、他の格安SIMのことは分かりませんが、ユーモバイルについては実際に使用していますので、事前に不安に思っていた不便は特にないというのが正直な感想です。逆に良かったことがあります。

それは、U-NEXTのポイントが毎月もらえることです。(私のプランであれば、毎月600ポイント)

このU-NEXTポイントというのは、U-NEXTで使えるポイントです。映画の割引としても使えます。U-NEXTにの月額料金プランに加入していなくても、使用できます。ここがポイントです。特に追加料金は必要ありません。

私のポイントの使い方は、主に以下です。

映画を無料で見る。

1ポイント=1円という換算レートですので、3ヵ月も経ったら、映画1本無料で鑑賞することが出来ます。

気になった作品があれば、VODで視聴する。

U-NEXTは、VOD(ビデオ・オン・デマンド)です。ネット上で映画やドラマを視聴することが出来ます。その有料作品を視聴するためにこのポイントが使用出来ます。気になった作品があれば、使います。

小説、写真集、コミックにも使える。

U-NEXTは、電子書籍にも対応しています。それにもこのポイントが使えます。私は、進撃の巨人のコミックスにこのポイントを使ったりしています。U-mobileを契約しているというだけで、毎月600円のお小遣いをもらっている感覚です。

格安SIM取扱各社

どの会社も、期間限定でキャンペーンをやっていたり、料金改定、容量改定が不定期で行われています。
いくつかご紹介しますので、比較・検討してみてください。

U-mobile(ユーモバイル)

私が現在使っているのはこちらです。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioの音声通話機能付きSIMのことを、"みおふぉん"と呼ぶらしいです。

DMM mobile

とにかく安さでいったらDMMですかね。

mineo(マイネオ)

"みねお"ではなく、"まいねお"らしいです。

OCNモバイルONE

わりと王道です。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-格安SIM